Jan Latham Koenig

 

ジャンレイサムケーニック

 

デンマーク、ポーランド、フランス人貴族の家系のもと1953年英国に生まれる。

ロンドン王立音楽院で指揮を学ぶ。1987年に33歳でウィーン国立歌劇場「マクベス」にてデビュー。

これまでに100回以上ウィーン国立歌劇場から指揮者として依頼を受ける。

 

1988年~90年ローマ歌劇場首席客演指揮者、1989〜92年ポルトー国立交響楽団音楽監督、

97年からはストラスブール・フィルと国立ライン・オペラの総監督を歴任。

現在モスクワ・ノーヴァヤ歌劇場の音楽監督、ベルギー、フランダース交響楽団の首席指揮者を務める。

 

過去ウィーン国立歌劇場、ベルリン州立歌劇場、トリノ王立歌劇場、テアトロ・マッシモ、

パリ・オペラ座(ガルニエ)、バスティーユ新オペラ座、プラハ国立歌劇場等欧州の主要歌劇場、

その他南米チリのサンチャゴ・オペラ歌劇場で指揮。

メキシコ最大の音楽祭「OFUNAM」では芸術監督を務める。

 

客演したオーケストラはフランス放送フィル、ドレスデン・フィル、ロスアンゼルス・フィル、

ベルリン放響など、日本では1991年から東京都響、新日本フィル、アンサンブル金沢などに客演。

2012年4月には新国立歌劇場で「オテロ」を指揮。

 

2014年ノーヴェヤ歌劇場での「トリスタンとイゾルデ」の公演に際し指揮者として

ロシア芸術界最大の栄誉とされる「ゴールデンマスク賞」を受賞。

1/1

© 2015.3.9  by  MORIYAエンタープライズ㈱    All rights reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube